英会話カフェ It's a Small World !

新大阪/西宮の英会話カフェ It's a Small World ! のページです。英語カフェ

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その134)

昔(もしくは現役)学校で習ったと思いますが、同じスペルで異なる意味の単語、同音異義語(homonym・homophone)があります。もちろんこれは無数にありますが、発音も違う単語があります。同形異音異義語(homograph)と言います。
tear(涙)と(引き裂く)
close(近く)と(閉める)
wind(風)と(曲がる)
can(できる:助動詞)と(缶)
bow(弓)と(お辞儀)
などです。発音も異なるので、ネイティブスピーカーに発音してもらって下さいね。その他にも、動詞と名詞で発音やアクセントが違うものもあります。
attribute(属性)と(原因付ける)
record(同義)
digest(同義)
display(同義)
live(同義)
などです。それ以外にも同じ単語の現在形と過去形で異なる
read
もありますね。
ちなみに、IT関係の方向けに、、、昔、
mach(マッハ:速度)と(マーク:マイクロカーネルOS)
などもあり、apple社がマックOSに採用などとニュースが流れた時は混乱する人がいましたね:-p

  • 2016.11.19 Saturday
  • 16:53

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その133)

今回のフレーズは、
sit in
です。実際には with 〜 と一緒に使って、バンドにゲスト参加すると言うような意味になります。
自分のレギュラーバンドで演奏するのではなく、その日だけ、その時だけ参加して演奏する感じです。ジャムセッションのように元々皆がばらばらのミュージシャンの演奏の場合はほとんど使いません。(使う人もいろようですが、、、)
I'm sitting in with my friends band tonight.
と言う感じで、その機会のある時は、是非使ってみて下さいね。

  • 2016.10.23 Sunday
  • 14:54

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その132)

前回の続きで、、、
逆バージョン発見しました! 具体的な内容は伏せますが、有名な観光地を紹介する日本のインターネットサイト(割と公共のサイトも含めて複数)に次のような感じで表記がありました。

〜様式の大聖堂で、中にはいくつもの仏像が〜
とか、
〜の作と伝えられる〜の仏像には〜の装飾が施され〜
など、でもこれって、教会の紹介記事です。気にならない人は読み飛ばしてしまうかもしれませんが、違和感を感じる人もいるのではないでしょうか?
意味は解りますし、こう表記するのも解らなくもないのですが、でも教会にあるのって少なくとも仏じゃあないですよね。キリスト像とかマリア像とかでしょう? 宗派とかもあるし、良く解りませんけど、、、。
ちなみに揚げ足をとって遊んでいるのではありません、念のため。こう言う小さな事と思われがちな事でも、気分を害する人がいるかも知れないので、ちょっとでも注意をはらえればいいのではと思います。英語学習は、語学だけでなく、異文化学習でもあるので。

  • 2016.09.12 Monday
  • 01:40

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その131)

今回は、先日お店での会話中に出て来た不思議な表現について、、、
それは、
Buddhism god
です。意味は予測できるのですが、聞いていて何とも変な違和感を感じます。
と言うのも、宗派などにより色々違いがあるとは思いますが、仏教での信仰対象は神(god)ではなく、仏だからです。まず日本語で考えてそれを英訳する感じで話している人が、仏を表す適当な英単語が見つからず、とりあえず god を使ったのでしょう。しかしこれは仏教的にもおかしな表現であるだけでなく、多くの一神教の宗派の信者には理解し難い気がします。また、場合によっては、その宗派の神以外を神と言う事で嫌悪感を与えたり、ややこしい状況を作る可能性もあると思われます。
ここで宗教的な内容には触れませんが、言葉は言葉だけでなく、文化的背景や宗教、歴史などを踏まえて発言しなければならない時もあるので、注意が必要です。

  • 2016.08.21 Sunday
  • 03:02

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その130)

今回はシンプルに、
OTC
です。元は
Over The Counter
で、意味は全般的に「窓口取引の〜」と言う意味になりますが、
特に医療関連で、「処方箋が無くても店頭で買える薬」と言う意味で使う事が多いと思います。
otc drug などのように使います。

  • 2016.07.10 Sunday
  • 01:30

Go to top of page

カレンダー

<< November 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930