英会話カフェ It's a Small World !

西宮の英会話カフェ It's a Small World ! のページです。英語カフェ

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その166)

今回は、私自身あやふやに覚えていた単語で、
cloth・cloths・clothes
です。意味は布とか衣服とかとその複数形です。が、、、これがちょっとややこしい事になっています。
まず cloth は布などの意味で、単数形です。そして複数形が cloths 及び clothes ですが、厳密に言うと cloth の複数形は cloths で、clothes は衣服の意味の別単語です。これは服を着せると言う clothe と言う動詞から来ているようですが、この辺りの語源などはよく解らないので、ネットで検索して見て下さい。
まとめると、cloth は布などで、cloths が衣服と言う感じです。で、服は1着でも、some cloths または 1 piece of clothing とかになります。ちなみに前記のとおり服は常に複数形です。それは服が複数の布を組み合わせて出来ているからだとの事です。なので、どこかの国の民族衣装のように、1枚の布を身体に巻いたり折り込んだだけの衣装なら、cloth でもいい時も(場合によってですが)ありますね。
で、今回のポイントは実はここからなのですが、これらを更にややこしくしているのが、発音です。恥ずかしながら私自身もあやふやに覚えていて、なんだか違和感を感じながら使っていました。
まず、cloth はクローズのローの部分が二重母音にはならず、伸ばすだけの音です。それに対して clothes はクロゥズのように伸ばす音ではなく、2重母音です。「閉める」とか「近い」と言う意味の close と同じ音です。
cloths は無理やりカタカナ表記にするとクロージィズとかクローズズとかになります。これは2重母音です。
私は cloths と言う単語は存在せずに、cloth の複数は clothes になると思っていたので、cloth が複数形になると何故2重母音ではなくなるのか不思議でしたが、それほど追求せずに例がかな?ぐらいに思っていました。
実はこれ、(cloths を知らなくても)、アメリカに住んでいた時とか、特に服屋さんに行った時でも全く困らなかったんですよね。たまたまかも知れませんが。
やはり疑問点があればその都度ちゃんと調べた方がいいですね、、、!

  • 2019.09.02 Monday
  • 17:51

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その165)

今回もあまり役に立たない英語をひとつ!
外国の道路標識で、三角形に YIELD と書いた物を見た事はないでしょうか?
日本だと、「一旦停止」に当たる標識だと思います。日本では三角形に「とまれ」と書いてありますよね? 八角形に STOP と書いた標識とかもありますし、アメリカでは横断歩道や踏切などの手前は、安全が確保できれば一旦停止義務がないので、厳密には違う目的の標識ですが、、、むしろ一旦停止義務がないから必要な標識なのか、いずれにしろ日本とは異なる発想の物ですね?
で、YIELD と言う単語の意味なんですが、辞書などでの第一意は「出産」など何かを「得る」のようなイメージです。この、道路標識の場合は「ゆずれ!」です。前方に交差する道があり、そちらが優先順位が高い場合などに、こちらが一旦停止したり、注意喚起のために設置されている事が多いです。あと、横断歩道の前などにもあります。ねっ、日本では、「ゆずり車線」や「徐行」はあっても、「ゆずれ」は見た事ないでしょう?

  • 2019.08.23 Friday
  • 19:31

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その164)

今回は、日本語ではあまり区別しないが、英語では一般的に区別する単語です
例えば、
dissolve → 溶ける・(溶解する的な意味)
melt → 融ける・(融解する的な意味)
です。漢字ではちゃんと区別できるのですが、言葉で言ってしまうと同じなので、日本人がよく間違う表現です。で、実際どういう感じかというと、コーヒーに砂糖を入れて融けるのは dissolve です。melt でも通じなくも無いんですが melt ではありません。ね、なんか不用意に言ってしまいそうでしょ?
では melt はと言うと、チーズが融けるとかに使います
他にも、以前書きましたが、
poison → 毒(防御毒的な意味)
venom → 毒(攻撃毒的な意味)
toxin → 毒性物質(合成されたもの的な意味)
があります。これらは文脈によっても変わったりするので絶対ではないのですが、poison は生物が身を守るために体内に持っている毒です。これに対して venom は同じく生物が獲物を獲るために攻撃に使う毒です。なので、あの植物は毒があるので食べられないよと言う時は poison または poisonous です
逸れに対してコモドドラゴンが獲物を獲るために使う毒は venom などと言うのが本来の意味なのですが、毒を使って獲物獲るヘビなども poisonous と言ったりするので、このルールは絶対ではないようです
toxin と言うのもありますが、これはもっと科学的に合成された毒のイメージです。更に言うと、公害として自然や生態系にダメージのある物を言う感じです。全密に言うと、たぶん動植物が作り出すものでも、化学物質的な毒は toxin になるのだと思いますが、(ふぐの毒とか魚介類に蓄積したダイオキシンとか)、もっと大きなイメージで、工場が垂れ流した汚染物質とかの方がピンと来ますね

他にも、これも書きましたね?
pigeon → 鳩
dove → 白鳩
などがありますね。日本(の学校)では鳩はすべて pigeon と習いますが、英語では白い鳩を dove と言って区別します。これは、平和式典などで空に飛ばすあの白鳩の事です
初心者のうちは、これらの区別を間違っていても、聞く人が意味を予測してくれて聞き流してくれると思いますが、英語のレベルが上がると、使う単語の精度も上がるようにしたいですね。また、日本人同士で学習していると、お互いに気付かずにこう言ったポイントを誰も指摘せず、一向に修正されないと言う事もあるので、やはりネイティブスピーカーに訂正してもらうのも必要だと思います

  • 2019.07.11 Thursday
  • 14:37

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その163)

今回は、日本人には区別し難しい(かも知れない)発音についてです
例えば
fiscal と physical
前者は学年や予算のなどの年度区切りについて、後者は物理的なという意味ですね、あと健康診断とか
単語としては知っている方も多いと思いますが、これが会話中に突如出てきたら「えっ、どっち?」とか、そもそもどちらか一方しか頭に浮かんでなくて意味的に???となっているとか、想像してしまいます。前後の流れからちゃんと理解できる方は問題ありませんが、頭の中で翻訳している人ならば厳しいですね
他にもよく間違うパターンとして h と f
holder と folder とか
form と home とか
駅のホームと言えば日本人には伝わりますが外国人には通じないでしょう。なぜなら このホームは platform を省略している物だから(ちなみにこの省略も通じない原因)
ちなみにハワイの伝統的な踊りフラダンスってどっちかわかりますか?
hula です。fula ではありません
それから、やはり地名や人名など固有名詞は難しいようですね
Auckland (NewZealand) と Oakland (USA/California) など
先日私自身、インドネシアの友達が言った
Javanese (ジャワ人) と Japanese (日本人) を
聞き間違えました。気を抜いていたら、えっ、今どっち言った? みたいな、、、!
ちゃんと聞けばかなり違う発音なんですけどね。固有名詞の場合は、文脈から判断し難い事と、前提無く突然出てきたりする事が多くて、心の準備ができていないととか。よく l と r で難しいとか言いますが、それ以外でも色々ありますね

  • 2019.06.03 Monday
  • 20:07

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その162)

かなり以前にも一度書きましたが、「もう行かなきゃ」とか「そろそろおいとまします」と言うのを
I've got to go とか I have to go
などと言いますが、その派生でちょっと英語的な使い方を説明します
例えば電話で話している時などにも、
上記の表現をします。考えるとちょっと変ではないですか? この場合は必ずしも実際にどこかへ行かなければならない訳ではないので、こう言われたかからと言って(その電話の相手が)「そうか、これからどこかへ行くのか?」とか思う必要はありません。ただ単に「もう切らなきゃ」です
こう言うのって本当に習慣的にそう言うので、あまり意味はありません
ちなみに、全く違う例ですが、日本語でビス(ねじ)の頭が、ドライバーで回し過ぎてユルユルになって回せなくなる事を、ねじ(頭)が「なめる」って言うのを聞いた事があるかも知れません。他にも映像を撮るのに、人物の足元から上半身に向かってじっくり撮っていくのをやはり「なめる」って言うでしょう? 理由は色々あるにせよそれをいちいち考えずに使うのと同じですね

  • 2019.05.31 Friday
  • 17:22

Go to top of page

カレンダー

<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930