英会話カフェ It's a Small World !

西宮の英会話カフェ It's a Small World ! のページです。英語カフェ

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その164)

今回は、日本語ではあまり区別しないが、英語では一般的に区別する単語です
例えば、
dissolve → 溶ける・(溶解する的な意味)
melt → 融ける・(融解する的な意味)
です。漢字ではちゃんと区別できるのですが、言葉で言ってしまうと同じなので、日本人がよく間違う表現です。で、実際どういう感じかというと、コーヒーに砂糖を入れて融けるのは dissolve です。melt でも通じなくも無いんですが melt ではありません。ね、なんか不用意に言ってしまいそうでしょ?
では melt はと言うと、チーズが融けるとかに使います
他にも、以前書きましたが、
poison → 毒(防御毒的な意味)
venom → 毒(攻撃毒的な意味)
toxin → 毒性物質(合成されたもの的な意味)
があります。これらは文脈によっても変わったりするので絶対ではないのですが、poison は生物が身を守るために体内に持っている毒です。これに対して venom は同じく生物が獲物を獲るために攻撃に使う毒です。なので、あの植物は毒があるので食べられないよと言う時は poison または poisonous です
逸れに対してコモドドラゴンが獲物を獲るために使う毒は venom などと言うのが本来の意味なのですが、毒を使って獲物獲るヘビなども poisonous と言ったりするので、このルールは絶対ではないようです
toxin と言うのもありますが、これはもっと科学的に合成された毒のイメージです。更に言うと、公害として自然や生態系にダメージのある物を言う感じです。全密に言うと、たぶん動植物が作り出すものでも、化学物質的な毒は toxin になるのだと思いますが、(ふぐの毒とか魚介類に蓄積したダイオキシンとか)、もっと大きなイメージで、工場が垂れ流した汚染物質とかの方がピンと来ますね

他にも、これも書きましたね?
pigeon → 鳩
dove → 白鳩
などがありますね。日本(の学校)では鳩はすべて pigeon と習いますが、英語では白い鳩を dove と言って区別します。これは、平和式典などで空に飛ばすあの白鳩の事です
初心者のうちは、これらの区別を間違っていても、聞く人が意味を予測してくれて聞き流してくれると思いますが、英語のレベルが上がると、使う単語の精度も上がるようにしたいですね。また、日本人同士で学習していると、お互いに気付かずにこう言ったポイントを誰も指摘せず、一向に修正されないと言う事もあるので、やはりネイティブスピーカーに訂正してもらうのも必要だと思います

  • 2019.07.11 Thursday
  • 14:37

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その163)

今回は、日本人には区別し難しい(かも知れない)発音についてです
例えば
fiscal と physical
前者は学年や予算のなどの年度区切りについて、後者は物理的なという意味ですね、あと健康診断とか
単語としては知っている方も多いと思いますが、これが会話中に突如出てきたら「えっ、どっち?」とか、そもそもどちらか一方しか頭に浮かんでなくて意味的に???となっているとか、想像してしまいます。前後の流れからちゃんと理解できる方は問題ありませんが、頭の中で翻訳している人ならば厳しいですね
他にもよく間違うパターンとして h と f
holder と folder とか
form と home とか
駅のホームと言えば日本人には伝わりますが外国人には通じないでしょう。なぜなら このホームは platform を省略している物だから(ちなみにこの省略も通じない原因)
ちなみにハワイの伝統的な踊りフラダンスってどっちかわかりますか?
hula です。fula ではありません
それから、やはり地名や人名など固有名詞は難しいようですね
Auckland (NewZealand) と Oakland (USA/California) など
先日私自身、インドネシアの友達が言った
Javanese (ジャワ人) と Japanese (日本人) を
聞き間違えました。気を抜いていたら、えっ、今どっち言った? みたいな、、、!
ちゃんと聞けばかなり違う発音なんですけどね。固有名詞の場合は、文脈から判断し難い事と、前提無く突然出てきたりする事が多くて、心の準備ができていないととか。よく l と r で難しいとか言いますが、それ以外でも色々ありますね

  • 2019.06.03 Monday
  • 20:07

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その162)

かなり以前にも一度書きましたが、「もう行かなきゃ」とか「そろそろおいとまします」と言うのを
I've got to go とか I have to go
などと言いますが、その派生でちょっと英語的な使い方を説明します
例えば電話で話している時などにも、
上記の表現をします。考えるとちょっと変ではないですか? この場合は必ずしも実際にどこかへ行かなければならない訳ではないので、こう言われたかからと言って(その電話の相手が)「そうか、これからどこかへ行くのか?」とか思う必要はありません。ただ単に「もう切らなきゃ」です
こう言うのって本当に習慣的にそう言うので、あまり意味はありません
ちなみに、全く違う例ですが、日本語でビス(ねじ)の頭が、ドライバーで回し過ぎてユルユルになって回せなくなる事を、ねじ(頭)が「なめる」って言うのを聞いた事があるかも知れません。他にも映像を撮るのに、人物の足元から上半身に向かってじっくり撮っていくのをやはり「なめる」って言うでしょう? 理由は色々あるにせよそれをいちいち考えずに使うのと同じですね

  • 2019.05.31 Friday
  • 17:22

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その161)

今回は、先日会話中に話題になった、ちょっと意外な単語で
weep
です。皆さんもご存知の泣くと言う意味ですが、意外だったのはその強さです
多くの日本人は
cry = 泣く
weep = しくしく泣く・むせび泣く
と言う感じで捉えているのではないかと思います、、、が、
実際には
cry よりも激しく号泣すると言うのが weep だそうです
ただ、人によってその強さは違うようで、また、使う状況によってもかなり触れ幅が大きいようです
ね、ちょっと意外でしょう?
ビートルズ/クラプトンの when my guitar gently weeps とか
柳ジョージの weeping in the rain とか
逆にリンダロンシュタットの cry like a rainstorm とか
かつて流行った歌のイメージとかもあるかも知れませんね?

  • 2019.04.18 Thursday
  • 14:13

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その160)

今回は cutlass です。意味は剣もしくは短剣ですが、特に船乗りや海賊がが使う物です。で、この単語自体は、日常会話で使う物でもなく(このシリーズのタイトルどおり)あまり役に立つ単語でもないのですが、ポイントはアメリカの人はほぼ皆知っている単語だと言う事の例です。日本人を含めた英語学習者はがんばって単語を覚えますが、cutlass はがんばって覚える類の単語でもないので、上級者でも知らない事があります。対してネイティブスピーカーは、知らないうちに覚えている感じです。なぜならば、子供の時にベッドの中で寝る前にパパやママから聞かせてもらったお話の中で、海賊や船乗りのお話に出てきたり、車の名前に使われていたりなど、意識的に学ぶのではなくいつの間にか覚えている類の単語です。なので、逆に上級英語学習者ではなくても、英語でよく読書をする人などは当たり前に知っているかも知れません。
ネイティブスピーカーとノンネイティブスピーカーでは、こう言った自動的に入って来る情報の量が圧倒的に違います。やはり英語学習は簡単でもあり難しくもありますね。
ちなみに刃物系では他にも sword・dagger・knife・rapier・saber・blade などがあります

  • 2019.03.24 Sunday
  • 16:23

Go to top of page

カレンダー

<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031